エコカーテン

自然の力と環境に調和した発電システムエコカーテン

エコカーテンは、サボニウス型風車の多連体ユニットを、建築躯体や工作物に取り付け、発電するシステムです。
壁面の意匠の変化や、ルーバーのように目隠し効果を得ながら発電をすることで、自然の力と環境に調和します。

サボニウス型風車多連体システム エコカーテン

特長

エコカーテンは、連結してお使いいただくことを前提にしています。多連結することによってつぎのような効果が得られます。

デザイン性

建築の一部として外観のデザインに取り入れることで、独自な景観をつくります。
またルーバー状の半透過性を生かして、目隠しやカバーとして利用することで美観に寄与します。

エンターテイメント性

都市景観に昼も夜も、明るさと楽しさを提案します。
また多くの風車が動くことで人の興味を引き、アイキャッチとなります。

エネルギー活用の自由性

夜間の照明はもちろん、単体に比べエネルギー生産量が多いので、いろいろな用途に活用の幅が広がります。

エコロジー啓蒙、施設のイメージアップ

自然の力の感動を伝えます。樹木が風で揺れ動いたり、木漏れ日を作るのにも似て、風で動くこと、半透過の見え方はエコで健康的なイメージを伝えます。

設置事例

2005年3月、名古屋市金山駅前の商業施設「アスナル金山」の北側に設置された壁面風車エコカーテン"WAVE"は、 日本最大規模のサボニウス型風車といわれています。アルミ製のサボニウス型風車775台と最上部の太陽電池パネル75台を組み合わせ、年間7551kWhの発電量(Co2換算 約210t削減)が見込まれ、施設の照明に活用されます。
風車1台に1つずつ付いた1W相当の発光ダイオードが、風力や太陽光で蓄電したバッテリーで白色LEDスポットライトを点灯させ、夜間風車自身を照らし出すことで風車の存在感をアピールします。 点灯は日没から日の出まで見られます。
また、このシステムは自然エネルギーを活用した独立電源方式になっているためエネルギーの再生活用を行い、
CO2削減にも貢献しています。

サボニウス型風車多連体システム エコカーテン

アスナル金山概要

条件
地域 名古屋市金山北地区
システム サボニウス型風車・
太陽光発電システム標準ユニット
システム設計
ソーラーパネル 25ブロック×3枚=75枚
サボニウス型風車 4段×196台-9台=775台
白色LED照明 4段×196台-9台=775台
バッテリー 25ブロック×5台=125台
基本ブロック構成

サボニウス型風車

384W(12W×32台)(定格風速12m/s)
ソーラーパネル
パネル取付
261W(単結晶シリコン 87W×3枚)
上部取り付け 傾斜角南向け40°
白色LED照明 白色LED1W×32台
点灯時間 10時間(但し点灯開始時刻は季節ごとにタイマーにて設定)
250Ah(50Ah×5台)
バッテリー 無風不日照 5日間

照明事業部

照明製品一覧

  • 風あかり
  • エコカーテン
  • 花あかり
  • LEDIX ACERA
  • LEDIX PARK
  • LEDIX WAY
  • ラビネット
  • 照明ポール

受賞歴

  • 2002年 大阪府知事賞
    「サボニウス型ハイブリッドシステム」
  • 2004年 中小企業庁長官賞
    「壁面風車エコカーテン」
  • 2006年 大阪市長賞
    「EMERGE(エマージ)」
  • 2008年 中小企業庁長官賞
    「LEDIXWAY(レディックスウェイ)」
  • 2009年 環境大臣賞
    「劣化診断機能付LED道路灯 LEDIX WAYシリーズ」
  • 2010年 環境大臣賞
    「高輝度LED防犯灯
    LEDIXACERAシリーズ」

お問い合わせ