【配電事業部】工場を支える7つの柱

工場を支える7つの柱

1.営業 2.設計 3.生産管理 4.板金・塗装 5.製造 6.品質保証 7.外部審査

配電工場行動指針

事業部一丸となって、お客様のために行動します。

ISO取得

品質管理システムはもちろんのこと、他のあらゆる分野においても一流を目指します。

東西統合管理

羽曳野工場-群馬工場-東京本社をVPN(Virtual Private Network)で接続し、生産調整や物件情報の共有を行っています。

資格取得の奨励

自己啓発の一環として、年度初めに目標管理を設定し、より高い安心・安全・信頼を得るために日々スキルアップに努めています。

環境活動

地球にやさしい盤の製造を始め、中板に新めっき鋼板のZAM®※鋼板(日新製鋼)を使用することにより無塗装化を、実現するなど、常にECOを意識した製品造りを心掛けています。

業務改善

定期的に品質会議を開催し作業手順の改定、予防処置を展開し、常に業務改善に努めています。

顧客満足度調査

立会検査の際にお客様に記入いただいたアンケートを基にMR(Management Review)により報告を行っています。改善点は速やかに各部署へ通達し、技術力や信頼性の向上に役立てています。

※ 1)「ZAM」は、日新製鋼株式会社の登録商標です。
2)「ZAM」は、日新製鋼株式会社が開発した溶融亜鉛Zn-アルミニウムAl-マグネシウムMg合金めっき鋼板の商品名です。

配電事業部

配電のお問い合わせ

  • 羽曳野工場:072-957-3541
  • 群馬工場:027-388-2701
  • 東京事業所:03-5298-3555
  • お問い合わせフォーム