モノ作り

常によりよいモノを作るために

モノ作り

モノづくりに完結はありません。信頼性の向上、スピード化、知識の向上など終わりのない要素ばかりです。そのため進化に対する意識は常に持ち続けていなければなりません。
そのため定期的にディスカッションを開き、知識の共有化をはかり、改善にとりくんでいます。
「お客様に満足していただきたい」この信念でよりよいモノ作りを設計しています。

最高のクオリティを追求する妥協なきモノ作りの姿勢が 今日の因幡電機製作所を支えておるんじゃ。

設計