板金チーム

社内生産による納期短縮とコストダウン

板金チーム

羽曳野工場には板金設備があります。中板、保護板という盤を構成する一部分の製作からスタートした板金チームですが、ソフト・ハード面の設備投資を行い、手作業からオートメーション化を図りました。いまでは箱体等の使用する鉄板加工品のほとんどを社内生産できるようになりました。納期短縮やコストダウンに大きな効果をあげています。

鉄板加工品のほとんどを社内生産することにより、納期の短縮だけでなく、コストダウンにも大きな効果があるのじゃ。

板金・塗装