ニュースリリース

2010年(平成22年)

2010/10/22

「あかりの日に寄せて」 川口 久美雄

新着情報一覧へ

 「あかりの日」は1991年に制定されて今年で記念すべき30回目を迎えることとなりました。毎年多くの皆様が関心を持ち、身近な「あかり」を見直してみることは大変貴重なことであります。また、私ども照明にたずさわるものといたしましてもこの日を契機に「あかり」に対する基本的な考え方や問題点、ユーザーのニーズなどを整理し、その必要とされるものを事業や製品に吹き込んでいくことは誠に意義のあることと信じております。
 わが社は創業以来、社会に「あかり」を提供する照明事業と「でんき」を配給する配電事業の2つを機軸として、製品の開発・供給に邁進してまいりました。これは「あかり」を中心として考えた場合、エネルギーの配給元から実際に照明する端末の照明器具までを担い、我々はこれら事業の深さと幅をこの分野において遺憾無く発揮していると自負しております。製品のコンセプトには受電から負荷機器への供用までトータルとしての使いやすさと省エネルギーへの十分な配慮があります。そういった技術の蓄積により早くから新しい照明デバイスをはじめとして、新光源に至るまで果敢にチャレンジしております。
 さて、政府の温室効果ガス削減目標は「京都議定書」で2012年までに1990年比6%、昨年の「国連気候変動サミット」では2020年までに25%と宣言しました。しかしながらが、日本の取り組みはなかなか進んでいるとはいえない状況であり、ダイナミックな資源やエネルギーの消費抑制技術、代替技術、新技術などさらに早急なる「あかり」のハード、ソフト技術の対応が必要です。当社では今まで環境問題への対応を大きなミッションととらえ、エコ技術を駆使した省エネ新製品を開発してまいりました。
 本年インテックス大阪で開催されました2010電設工業展製品コンクールにおきまして、「高効率LED防犯灯LEDIX ACERAシリーズ」が栄誉ある環境大臣賞を受賞しました。製品コンクールへの入賞は今回で6度目であり、環境大臣賞としては昨年に連続して2度目の受賞となります。これもひとえに皆様のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。
 近年、環境問題として地球温暖化がさけばれ対応するCO2削減への取り組みが重要な課題となってきております。一方、身近な犯罪の増加とともに安心・安全なまちづくりへの地域住民の防犯意識も高まり、適切な防犯照明の設置の要求も年々高まっております。当社ではこのトレンドを前向きにとらえ夜間長時間点灯する防犯照明に着目、長寿命、省電力の白色LEDで点灯する防犯灯として今回受賞いたしました「LEDIX ACERAシリーズ」を開発しました。このシリーズの特長は最新の放熱技術により設計寿命60,000時間を達成した長寿命LEDモジュールを採用、また徹底したVE設計によりリーズナブルな価格を提供しトータルコストとして従来光源製品と比較して経済的に優位となりました。さらにこのシリーズは設備環境に応じ低コストで20W蛍光防犯灯相当の明るさを実現した「LA-Y8A」、省エネ、CO2削減効果の高い「LA-S8A」、公園や駐車場など広範囲を照明することが可能な「LA-S10A」をはじめ、防災照明へ対応した「LA-S16E3A」など工夫をこらした多様な機種をラインアップしています。当社ではこれからもLEDをはじめとする最新技術で環境問題のみならず公共の安全に寄与できる製品の開発に取り組んでまいりますので是非ご期待ください。
 最後になりましたが、「あかりの日」が今後も照明の重要性を広く啓蒙し、正しい照明のあり方を考え、豊かでやさしい環境をつくるためのモチベーションとなることを心より念願いたします。