「でんき」「あかり」
因幡電機製作所

私たち因幡電機製作所は、人々の生活に欠かせない「でんき」と「あかり」を提供する社会インフラ型の企業として設立された会社です。1957年の設立以来、絶えず設備投資と技術革新を行い、半世紀以上にわたりお客様に満足いただけるものづくりに徹してきました。 社会インフラを取り巻く環境は変わり続けますが、将来にわたって成長力を確保していくには、当社のコアである配電盤・照明器具・ポールの製造技術を強化するとともに、新たな成長事業を育成することが不可欠です。
現在に至るまでつちかってきた経営資源を有効に活用しながら、バランスの良い事業ポートフォリオを構築して、会社全体で継続的な成長を目指します。
より多くの人々の生活が豊かになることを使命に、社員一人一人がプロフェッショナルとしての自覚をもち、お客様に喜ばれる製品・サービスの提供に全力で取り組んでいきます。

代表取締役社長 川口 久文

代表取締役社長川口 久文

「因幡電機の信条」

  • 製品、サービスを通じて
    社会に貢献する

    因幡電機の社員は、製品の品質を最高に維持し、 コストの低減に努め顧客の要求には迅速に正確に応えなければならない。

  • 技術、製品、経営、
    市場の創造に努める

    因幡電機の社員は、斬新な企画と研究開発を続け、失敗を恐れることなく、新しい分野の探求を遂行しなければならない。

  • 全社員が、
    こぞって
    経営に参加する

    因幡電機の社員は、常に相互の信頼を深めて経営に参加し、社会に貢献した結果として得られた利潤は、公正に配分されなければならない。

  • 良き社会人の集団として
    その繁栄を誓う

    因幡電機の社員は、社会人としての自覚を高め、正当な租税負担、適切な準備金の計上、公正な株式配当に常に留意して、会社の永遠の発展を誓う。

個人情報保護とCookieの使用について

当社ウェブサイトでは、利便性向上のためCookieを使用します。閲覧を続行されるには、Cookieの使用にご同意いただきますようお願いいたします。Cookieによって個人情報を取得することはありません。

詳しくはこちら